「写真の背景に心を写したい」

投稿日時:2017年05月10日  タグ:なし

末永写真館は、山口県で代々営業写真舘を営んでまいりました。創業以来70年以上の月日が経ちました。

私、末永輝清は家業の3代目を継ぐ為に末永本家の長男として待ち望まれてこの世に生を受け、そのように育てられました。

祖父 清弌(祖母 フデ「旧姓 田村」)・父 劔(母 敦子「旧姓 小方」) が創業した末永写真舘と、私が成人後山口県美祢市美祢駅前通りの 末永写真館 美祢本館 に帰郷後の1970(昭和45)年に創業したモノクロ時代からカラー時代に対応したプロカラー現像所、ビデオプロ、等のオーナーカメラマンです。

2006(平成18)年正月、私が56歳の時に大内文化の香りがする大内御堀地区に末永写真舘 山口新館を開館し、以来4代目が末永写真館 美祢本館を担当しております。

主な業務内容(美祢本館&山口新館)はスタジオ撮影はもとより、スクールアルバム、ビデオ撮影、出張撮影、ブロニー~35ミリフィルム現像 & INS デジタル カラー現像所、カメラ・用品販売、大型ポスタープリント出力、撮影用貸衣装・バッグ・草履等小物のレンタル&再利用&販売など、写真&映像を主体とした多角的関連経営を行っています。

創業以来、全て自社一貫制作技術の精神を受け継ぎ、4代にわたって職業を通して地域文化の向上に取り組んでいる専門会社です。

早いもので、山口市、宇部市の大規模貸衣装&ヘアメイク&着付け付大型スタジオ・シルク館(2002H14,54歳)2店を統合して、更に進化(evolution)した本物志向の写真館を山口市の当地にご縁を頂きオープンして8年以上の歳月がたちました。

開館以来、人生においてもまた、営業写真においても私の師匠でもある 父(末永家の長男 末永 劔)より免許皆伝と直接言い渡された時の感激や、

プロフェショナルカラー現像所(カラー写真時代の当初は取引相手を中国5県地区の営業写真館のみを対象としてスタートして、時代と共にアマチュア写真の大量生産にも拡大した)等々の創業、そして美意識と感性を磨く為に世界の文化を妻と、ある時は家族と、又社員旅行等々で訪ねた際の感激が走馬灯の様に思い出されます。

更に私の晩年は高齢の母と世界のリゾート地等を訪ねる旅をし、人生の機微を学びました。そして、今その私の経験と感性を生かし、写真の背景に心を写したいという思いで、写真を撮り続けています。

試行錯誤の末、バックに入り、持ち運びに便利な、オリジナル高級写真集や、          各種(ブライダル& 成人記念& 落成記念& 自分史& 家族旅行& ? & 会社○周記念 等々)オリジナル編集によるこだわり記念写真集(86頁迄制作)も好評を頂いています。

私が制作するので大量生産は出来ませんが、知る人ぞ知る の経営方針で私は満足しています。今は、若かりし昔に資本金1億円を目指していた流れ作業式事業形態の頃とは違った今の年齢&時代に応じた事業形態にしました。お客様が仕上がりを見られて大変喜ばれて感謝され、お礼を言われると更にその人の記録づくりを応援したくなります。

人生の節目節目の写真を末永く最もいい形で、その家族の財産として残していただきたいと願っています。どうぞ川沿いのドライブを兼ねてお越しくださいませ。