[4] 年の瀬  Year-end

投稿日時:2018年12月30日  タグ:なし

【facebook my note欄より移行しました】

Monday, December 29, 2014

2014(平成26)年12月29日(月曜日)

I took home the dog to “Leo” to shampoo & trimming, etc.. (¥ 3240)

私は我が家の愛犬「レオ」をシャンプー&トリミング等に連れて行きました。(¥3240)

 

He is 7 years old. If translated into humans, seems to 49 years of age.

彼は7歳です。人間に換算すれば、49歳だそうです。

 

Already, he seems to senior.

既に、彼はシニアだそうです。

 

I will soon be 66 years old.

私は間もなく66歳になります。

 

Soon, he seems to overtake me.

間もなく、彼は私を追い越すようです。

 

My three sons are all single.

私の三人息子は全員独身です。

 

Accordingly, our presence of Leo to me it seems like a grandson.

従いまして、私にはレオの存在は孫の様に思えます。

 

Which one would you travel to heaven first?

どちらが先に天国へ旅行するのでしょうか?

 

Every year, but this is a tray and the end of the year seems to come back is transformed into a thing called “soul”.

毎年、このお盆と年末には「霊」というものに変身して帰って来るそうですが。

 

Spirit, it is to the space travel forever.
生きものは、やがて「霊」となり、永遠に宇宙旅行をするのですね
I am using a translator.
Since there is a mistranslation, and if under … announcement, I’m happy.
私は、翻訳機を使用しています。
誤訳をお知らせ下されば幸せます。
    • 年々、1年間が速く過ぎていく感じがします。

      地球の自転速度を上げている筈はないのにね。

      余談ですが、
      昔調べた時、確か飛行機よりも地球の自転速度の方が速かった様な気がします。

      宇宙全体が、猛スピードで移動しているのでしょうから。

      私達の体は80兆個の細胞で出来ているそうですが、その体内にある腸に100兆匹の細菌が人の健康のために働いているそうです。

      ミクロの世界で、それぞれの個人の中で猛スピードで移動していることでしょう。

      生命や寿命の神秘を感じるこの頃です。